インフォメーション

2023 / 08 / 30  14:42

夕焼けツアーにSUPが選べるようになりました

夕焼けツアーにSUPが選べるようになりました

8月より「夕暮れの日常を忘れるひと時を。一組限定のプライベートカヤックツアー」は、カヤックとSUPを選べるようになりました。

9月となると例年であれば少し寒くなる印象ですが、、、暑い日が続きます。

今年は9月末ごろまではSUPでも十分に楽しめると思います。

お申し込み時、チェック項目がありますのでそちらからカヤック/SUPを選択して申し込むことができます。

20230821_182053.jpg

夏の間は暑さで水蒸気が上がりやすく雲がかかりやすい八甲田も、9月を過ぎ空気が冷えてくれば、八甲田に沈んでいく夕日がくっきり見えることが多くなります。

9月、10月はこちらのツアーがオススメです。

夕暮れの特別な時間、日常を忘れるひと時を。一組限定のプライベートツアー - 北三陸OUTDOORS (kitasan-outdoors.com)

 

RIMG5007.JPG

こちらのツアーの写真は2021年10月、

日没後に八甲田連峰がくっきりと浮かび上がる写真です。

人の活動が静まる夕方の時間、

静かな湖上でちょっと特別な時間を過ごしてみませんか??

2023 / 06 / 19  10:00

SUPプログラム始めました

SUPプログラム始めました

【心地いい運動としてのSUP】をテーマに新プログラムを始めます。

エリアは青森県八戸市を流れる新井田川に限定しての提供となります。

詳細は、トップメニュー「SUPプログラム」をご覧ください。

 

2023年6月末までは特別価格にてプログラムを提供しています!

どうぞお気軽にお申込み、お問い合わせください。

また、早朝SUPクルーズも絶賛受付中です。

健康づくりの選択肢、または新しい朝活の選択肢の一つとして利用いただけば嬉しく思います!!

 

身近な水辺と関わり続ける心地いいライフスタイルを。

 

2023 / 04 / 20  20:37

野田村シーカヤック体験&ビーチクリーン

野田村シーカヤック体験&ビーチクリーン

5月14日(日)に野田村・玉川海岸でシーカヤック体験とビーチクリーン活動が行われます。

今年は、新緑がまぶしい季節、5月開催です!!

北三陸OUTDOORSは、遊びの部分で(シーカヤック体験)協力させていただきます!

 

2021年から始まり、3回目になるのでしょうか。

毎年拾っても拾っても無くなるものではないですし、

もしかしたら来週にはまたゴミだらけになっているかもしれません。

誰が落としたかもわからないゴミや、

違う国から流れてきたゴミを拾うことは面白いことではありませんし、きりのないことではありますが、

皆さまと一緒に海で遊ぶことによって「野田村の海への興味」につながってくれればうれしい限りです。

 

そして、今年は別途料金になりますが野田村のお弁当が希望者に!!

鮭いくら弁当、南部福来豚満腹弁当、、、判断に迷います。

ぜひぜひ、この機会にご飯も併せて楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

ということで5月14日は地元の皆さま、どうぞよろしくお願いします!

難しいことはさておき、楽しく遊びながらゴミを拾って、漕ぎましょう!

問い合わせ/お申し込みは野田村観光協会まで!

 5月14日「野田村シーカヤック体験&ビーチクリーン」参加者募集中:お知らせ・イベント情報:野田村観光協会 (noda-kanko.com)

2023 / 03 / 01  11:11

春うらら

春うらら

2月中旬から末までのおよそ1週間、東京から横浜、静岡は浜松市まで、JSPA(一般社団法人日本セーフティパドリング協会)の研修やら、カヤックの引き取りやらで往復2000km車を走らせていました。

滞在中には横浜SUP倶楽部さまにお邪魔して、念願だった都会のアーバンパドリングを楽しみました。

その後、久しぶりに降り立った私の第二の故郷である静岡県浜松市へ。

青森と比べると、季節が二つぐらい進んでいますね。青森の5月下旬ぐらいの気温でした。(笑)

そういえば、正月に青森に帰省してそこから正月明けに浜松に戻ると、静岡県暑いなー、と、半袖になった記憶があります。

週間天気予報を見ても、静岡県西部は1週間晴れ!なんてことも当たり前だったり。(でも、遠州の空っ風と言われる地域風は結構きつめですが。)

冬でも人の往来が活発なこのエリアを見て、さすが東海道!と、ちょっとうらやましくも思ったり。

でも、鍋が美味しいのと感じるのはより寒い地域のほうでしょう!!と、強がっておきます。

食べ物が締まり脂ののる寒い地域は、春に向けてこもり蓄えることも重要なのです!

面白い統計がありましたので、貼り付けます。

気象庁が発表する「日照時間一覧表」 気象庁|最新の気象データ (jma.go.jp)

日照時間が人や地域に与える影響は当然ながら大きいのだろうなとか。

日光に当たってビタミンDを精製せよ!なんてのもよく聞く話ですよね(笑)。

 

前置きが長くなりすぎました、一番お話したい部分はここから下段です!!

ツアーエリア、料金、プログラムを見直しながら、2023年も頑張って皆さんを受け入れるべく、春に向けて準備中です!

2023年度から、JSPA公認スクールプログラムである「SRP(セーフティー&レスキュー)プログラム」が受け入れ可能となります。

このプログラムは、ビギナーを対象とした基礎的な内容であり、「レスキュー技術の向上」よりも「安全知識の普及」を目的としています。

パドルスポーツを安全に楽しむべく、座学、実践を通して安全知識、方法を理解していただくプログラムであり、

これから新たにパドルスポーツを始めよう!そう思っている方々の最初の1歩に学んでほしいプログラムです。

※6月ごろからプログラム受入れ、詳細をアップします

 

今シーズンも安全で楽しく、ちょっとワイルドでチルアウトなツアーを行っていきます!今年も楽しく三陸を巡りましょう!

 

2023 / 01 / 05  10:47

2023 謹賀新年

謹賀新年

三陸の北側を愛する皆様、あけましておめでとうございます。

年明け1発目のお仕事は例年通り、北三陸OUTDOORSはいったい何処へ向かうのか??

特に意味もなく考えたことを書き綴るまとまりのない迷走作文から始まります。(笑)

 

今年は兎年。ガイド大津は年男です。

果たして、今年はいいことが起こるのか!!!

宝くじでも買ってみましょうか。

 

冬になると、例年通り雪かきをしたい、雪かきをしたいとの思いで年末は津軽方面に滞在をしたのですが、そんな日に限って雪は降らず。

肩を落として帰ってきたのですが、雪がある地方とない地方では生活の考え方が大きく違う(ような)気がします。

南部と津軽が仲が悪いとか分かり合えないと(!?)よく聞くのは、ここの部分なんじゃないのかと思います。

南部の方が、のんびりしている(気がする)。

 

北三陸OUTDOORSの屋号を持ち活動をはじめ、3年が経ちました。

いよいよ4年目。

冬は水の上とは離れて陸の上が主になりますが、なんとかかんとか生きております。

雪国でありながらも雪の降らない沿岸部の厳しさをひしひしと感じています。

そうそう、毎度のことですが、冬のカヤックは準備と片付けが、特にカヤックの車載が泣き叫びたくなります。

寒くて指が動かず、ベルトを締められずに。

漕いでいる間は楽しいんですけどね。準備と、片付けが、ね、、、。

 

この3年はベースを作ろうと、カヤックガイドとしての可能性を探ろうと北三陸エリアをうろちょろとしていました。

世の流れに乗って、体験をベースにできないものかと考える反面、何のための体験なのか意義を見出せずに悶々としていました。

ようやく、何がしたいのか、どこを目指すのか、理想と現実が見えてきたところです。

 

悶々とした頭の中を整理して、ガイドとしての仕事も大事にしつつ、次なる挑戦もそそくさと計画中です。

少しずつ、幅を広げていきたいと思います。

私に声をかけられた皆様、ババを引いたと思わないでくださいね(笑)。

 

そんなこんなで前向きなことを考えていると、

あんなに津軽海峡はもう渡りたくないと思っていたのに、どうしましょう、また渡りたい衝動が・・・。

クタクタになるまで漕いだ後の、あのビールをもう一度。

それでは皆様、途中力尽きないように余力も残して、変わらず遊び続けましょう!!

2023年もどうぞよろしくお願いします!!!

1 2 3 4 5 6 7 8 9