STORIES

番外編

210303185230-603f5c5e75abd.jpg

【番外編】2021.2 青森 姉沼ワカサギ釣り

いつかしてみたいな、と思っていた冬の風物詩でもあるワカサギ釣り。

身近でこんな遊びが楽しめるなんて、知らなかった。

場を整えて手軽にできるようになった釣りではあるが、だからと言って釣れるわけではない。

しっかりと釣りあげるには、天気と、湖と、ワカサギとしっかり向き合わなければならない。

凍った湖の上でドリルで穴をあけてテントを立てて竿を垂らす。

釣れなくてもそれだけで楽しいことに気づく。笑

その非日常が大事なのだろうな。

自分の竿を持って、今晩のおかずを釣りに来た、という推定30代の主婦の方もいた。

一気に現実に戻されるが(笑)、その逞しさに感服した。

お金があれば何でも買えてしまうこの時代に、その姿勢は非常に大事な部分ではないのだろうか。

いろんな遊びを経験して思う。自然の中での遊びは、学ぶべきことが多い。

昔の当たり前は、今の時代に価値があることだ。

何もないと呼ばれる自然の中で遊ぶことが。

 

青森でのワカサギ釣り、フィッシングガイドは青森フィッシングガイドサービスへどうぞ!!

2021-03-24 17:29:33
RIMG4455.JPG

【番外編】マリンローズパーク野田玉川

玉川海岸を漕いだ後は、マリンローズパークへ。

夏場でも、冷蔵庫の中にいるような快適な坑道。

男心をくすぐられる、昭和感たっぷりな場所。

半そで短パンでの散策は寒くて、お勧めしない(笑)。

北三陸の避暑地。

そして、野田村に降り立ったなら食うべしモノは、荒海ホタテ

1枚300円は高い?はっきり言って、お値段以上です。

2020-08-22 20:09:02
KIMG2619.jpg

【番外編】2019.10 北海道遠征

八戸からフェリーに乗り、室蘭で下車。

室蘭の道の駅で仮眠を取り、翌日に室蘭から札幌へ向かう予定を立てる。

起きて準備をしていると、他にも車で仮眠を取っていた人たちが大勢いることに気づき、

一人のおじさんが皆に召集をかけて、これから向かう場所や道路の状況、おすすめの場所などを話し合っていた。

もちろん私も召集をかけられた。

衝撃的だった一言がある。

私「ここから札幌まで行くにはどう行くのがいいですかね?いい道ありますか?」

あえて行程は2泊3日、予定していた香嵐渓経由のコースは伝えなかったが、自分なりに検討し、最短距離はこのルートだろうな、と予想していた。

そしたら、まったくもって予想外の答え。度肝を抜かされた。

おじさん「ここからならね、長万部、函館、積丹、札幌って海沿いをグ―っと行くのがいいよ!」

残念ながら日程の関係もありそのルートは選べなかったが、

遊びを知っている人のスケールのでかさ、そして、そんな人に目指される北海道のイメージがすごい。

 

間違いなく北海道は遊びの文化が栄えている。そんな人に目指される北海道が羨ましい。

2020-05-02 12:13:09
KIMG1962.jpg

【番外編】2019.3 横浜港

都会の野鳥たちは、人間との距離が近い気がする。

食べるものを、人間に依存しているのだろうか?

ただ、何にせよ彼らも生きている。いいとかわるいとかそういう話ではない。

あまりにも行儀がいいユリカモメたちを見て、

誰かに調教されているのではないか?と疑いたくなった。(笑)

今や「アーバンアウトドア」が提唱され、都会ならではのアウトドアの楽しみも増えてきているようだ。

ビル屋上でのキャンプや、都会の水路を行くカヤックツアー。

全てが、田舎者には刺激が強い。

いつか、そんな楽しみも味わいたい。

2020-04-29 13:28:16
【番外編】2019.10 北海道 ニッカウヰスキー余市蒸留所

【番外編】2019.10 北海道・札幌遠征

遅めの夏休みが10月に始まる。

行先北海道、その目的として、①札幌で友人と宴会(すすきの遠征) ②カヤックの引き取り ③ニッカウイスキ―余市蒸留所 の3つだ。

すすきのでは身も心もきれいにしていただく予定が、2件のはしご酒で終了。

呑みながらも、30分に一回は街中に救急車が入ってきていた。いつもこんなもんなんですか?居酒屋の店員さんと聞くと、

いつもこんなもんですよ!と爽やかに答えた。札幌在住の友人に聞いても、転勤してきたばかりであまり知らないらしい。

なんせ田舎もん、札幌の街にビビってしまったのだ。(笑)

残念ながら、財布に余裕を持たせて不完全燃焼のまま、北海道遠征2日目のハイライト、すすきのアドベンチャーの幕は下りた。

やはり田舎もん、都会の刺激は強烈だった。(笑)

しかし、最後の締めにいった「けやき すすきの本店」。味噌ラーメンが史上最高においしかった。

 

そして、何気に一番楽しみにしていた日本のスコットランドこと北海道・ニッカウヰスキー余市蒸留所。

まるでスコットランドにいるような(スコットランドに行ったことはありませんが)感覚だった。

KIMG2307.jpg  

次回は、もっと目的、エリアを絞って訪れたい。

2020-04-29 13:13:05
1